ブレイン・ライトニングの成分について5「プレグネノロン」












今日はブレイン・ライトニングの気になる成分「プレグネノロン」について調べました。


プレグネノロンは、年齢と共に衰える脳の学習、記憶、知覚に関連するNMDAとGABAレセプターを調整するそうです。

???

何のことだかわかりませんね(汗)。まずNMDAって何?GABAって?

なので、まずNMDAについて調べました。
Wikiによると

「NMDA型グルタミン酸受容体(エヌエムディーエーがたグルタミンさんじゅようたい)はグルタミン酸受容体の一種。記憶や学習、また脳虚血後の神経細胞死などに深く関わる受容体であると考えられている」

記憶や学習にかかわる受容体なんですね。

次にGABAです。これはチョコレートでありましたよね!私食べてました。確かストレスに良いとか聞いたので(笑)。
なので、グリコのページから

「チョコレートを食べて「ほっ」とした経験はありませんか?
現在、注目されているのが、チョコレートやココアの原料カカオに含まれるGABA(ギャバ)という成分です。
GABAは正式名称をγ(ガンマ)- アミノ酪酸という、アミノ酸の一種です。
英語のGamma-Amino Butyric Acidの頭文字を取り、一般にGABA(ギャバ)と略称されています。」

やはりチョコでした(笑)。ちょっと身近になりました。
更に調べると、GABAは体内で主に脳内の血流を活発にして、脳細胞の代謝機能を高めたり、酸素供給量を増やす働きがあることがわかっているそうです。その他にも、血圧を下げる・中性脂肪を抑える・肝臓・腎臓の働きを高める・神経を鎮めるなどの効果が期待できるそうです。
GABAスグレモノですね!


いよいよ本題の「プレグネノロン」♪
あるサイトによると

「脳の抗ストレス、アンチエイジング(抗老化)、抗疲労に相乗的作用し、空間記憶、言語想起を改善します。ステロイドホルモンの前駆物質で、過剰なGABAの活動を抑制し、体内の解毒プロセスを促進します」

とあります。

ということで「プレグネノロン」はNMDAやGABAを調整して記憶を改善するというものなんですね。

「ブレイン・ライトニング」




脳の働きに役立つことが分かりました。


これからも、「ブレイン・ライトニング」の効果や副作用、口コミなどの感想などを体験談として載せていきます。お楽しみにしてください♪



>>ブレイン・ライトニングの詳細・注文はここから<<