あなたは頭が働くための栄養素を
きちんと取れていますか?


最新記事(1月21日追記しました):>>お酒を飲んだ次の日に二日酔いにならずに、勉強したいあなたへ。


「頭が良くなるサプリ」

頭が良くなる栄養素を摂取して、
あなたの潜在能力を活性化しませんか?

目次



・あなたは頭が働くための栄養素をきちんと取れていますか?



頭が良くなるためには、そもそも論として頭がきちんと働ける状態になっていなければなりません。

そのためには「頭がきちんと働くための栄養素がちゃんと取れているのか?」ということがとても大切になります。

なぜかと言うと、暗記法だとか、記憶法だとか、思考法だとか、アイデアを生み出す方法だとか、そういうテクニックやスキルはもちろん大切です。

しかし、その前にそのテクニックやスキルが効果を発揮できる脳の状態を作らなければならないからです

もしあなたが、暗記が苦手だとか、記憶できないとか、そうお考えなら、まず「頭がちゃんと働くための栄養素」が毎日きちんと摂取できてるかの確認をしましょう。

・頭が働く栄養素とは具体的に何か?

具体的に「頭がきちんと働くための栄養素」は何かというと、
まずは「コリンやレシチン」になります。

コリンやレシチン」は脳をきちんと働かせる神経伝達物質「アセチルコリン」の材料になります。ですから「コリンやレシチン」を含む食べ物を摂取すると頭がきちんと働いてくれるわけです。

ではどんな物質に「コリンやレシチン」が多く含まれているのでしょうか?
色々あるのですが、「大豆と卵黄」と覚えておきましょう。ですから私は「納豆卵かけご飯」を朝食に食べることが多いです。

また「頭がきちんと働く栄養素」としては「DHA・EPA」があります。「DHA・EPA」はイギリスの脳科学者の発言である「日本人の子どもが頭がいいのは青魚を食べるからだ」という話は有名なので、あなたもご存知かもしれません。

この「DHA・EPA」の役割は、脳の働きを良くする神経伝達物質「アセチルコリン」を活性化させることです。

ですから頭が良くなるためには、その準備段階として「アセチルコリンとDHA・EPA」を摂取する必要があるわけです。私は現在では「南極クリルビタミン」を飲んでいます。1日に2粒飲むだけでビタミンも8種類取れるのでお手軽です。

このように、「脳がきちんと働く状態」という準備ができた上で、記憶術だの暗記法だのって話になるわけです。

ですからまずは食生活を見直してみましょう。

・さらに脳の働きを活性化するサプリメントとは?

そして、更に加速するために「頭が良くなるサプリメント」の出番になります。私が個人的に摂取してみて効果があるものを紹介していますが、特に「ピラセタム」は効果を感じました。

集中力が湧いてくるし、約1年で資格(国家資格を含む)を6つも取得できたのは、「納豆卵かけご飯」と「頭が良くなるサプリメント」を活用したからにほかなりません。

ただ、実際問題として毎日「納豆卵かけご飯」やそれに変わる大豆製品を食べ続けることができるのか?という問題が出てきます。

私はまだ納豆が好きなのでいいですが、中には納豆なんて食べられないって方もいると思います。

そんな方にはここで紹介している「コリン」を取りましょう。
アメリカのサプリなので、ちょっと大きいのが気になりますが、すぐに慣れます。
慣れない場合はピルカッターで2つにカットすると飲みやすいと思います。

なので、1番に紹介している「最強セット」をお勧めしている次第です。

あなたも、頭がきちんと働く栄養素を取って、脳のパフォーマンスをあげませんか?

その結果、仕事や学校で活躍できることでしょう。


・実際に試してみて効果のあった「頭が良くなるサプリメント」
これから紹介する「頭が良くなるサプリメント」は実際に私が使ってみて効果があったものです。

1番のオススメは「最強セット」になります。
これは「コリン・ピラセタム・パンテトン酸・南極クリルビタミン」になります。
2016.11.15に「南極クリルビタミン」も追加しました。

南極クリルビタミン」を「最強セット」に追加した理由は、脳の働きを高める栄養素を運ぶのはなにか?ということを考えてもらえたらわかります。

脳の働きを高める栄養素を脳に運ぶのは「血液」です。

その「血液」がドロドロ血であったら、正常に脳に運ばれるでしょうか?
私は運ばれないと思います。

そこで「南極クリルビタミン」なんです。これはDHA・EPAなのですが、普通のDHA・EPAよりも吸収力が高いクリルオイルを使用しています。ですから、あなたの「血液をサラサラにして「脳の働きを高める栄養素」をきちんと効率的に脳に運んでくれるようになります。
しかも返金保証が付いているので、効果が無いと思ったら、返金してくれるのです。あなたにはリスクが1つもないのです。
なので、この「南極クリルビタミン」を「最強セット」に追加した次第です。

関連記事
>>「南極クリルビタミン」を注文してから4日で届きました。

あなたの生活に「脳の働きを高める栄養素」を取り入れて、夢に描いた理想の生活を手に入れてみませんか?




※ 1億円を稼ぐ起業家が、作業の効率化やアイデアを出すためにピラセタムを使用していることを告白したため人気が高まってます。売り切れの場合は申し訳ありません。




頭が良くなるサプリ一覧

私が色々試した「頭が良くなるサプリ」
の中で効果的なものを紹介します。

あなたの状況に合わせて、「記憶力」が良くなった自分を想像しながら、選んでもらえたらと思います。




■ 最強セット! ■

記憶力・集中力を向上させる注意力が向上!記憶力アップ「サプリメント」の定番

※ピラセタムはコリンとの併用で効果が高まります。

ピラセタム







ピラセタム800mg30錠は、スマートドラッグで最も人気のある商品。認知機能を強化し、脳の老化を防止すると言われています。


俗に「頭の良くなる薬」として知られ、脳機能を向上させ学習や記憶力を改善します。元来はアルツハイマー治療薬として開発されましたが、記憶力や注意力を向上させる顕著な効果が見出され、1980年代後半にはアメリカで大きなブームとなりました。ピラセタムは、脳内神経伝達物質の一つであるアセチルコリンの濃度を上げる作用をもち、コリン作動性ニューロンの活動を高めます。これによって視聴覚から得られる情報が鮮明化し、普段なら気付かないような細かいことにもよく気付いたり、集中力が増して思考がまとまりやすくなります。特に意識せずとも注意力が向上するので、仕事や学習が捗る効果が得られます。失読症の子供の学習支援、中高年者における認知機能改善、アルコール中毒治療など幅広く使用されています。


※ 1億円を稼ぐ起業家が、作業の効率化やアイデアを出すためにピラセタムを使用していることを告白したため人気が高まってます。売り切れの場合は申し訳ありません。




記憶力や学習力に大きく関係する成分「アセチルコリン」の材料



コリンはビタミンB群の仲間で、記憶力や学習力に大きく関係する成分アセチルコリンの材料になります。
さらに肝機能の向上もサポートします。主成分のコリンは、ビタミンB群の仲間です。
コレステロールや脂肪が体の中でどんどん使われるように働きかけて、内臓に余分なものをためこまないようサポーするため、肥満や脂肪肝、高脂血症などの生活習慣対策に効果的です。
また近年は、脳や神経の栄養として知られているアセチルコリンの材料となることから、記憶力やストレスなど内面の健康サポートにも注目されています。同時にビタミンB5を摂取するとより効果的です。



ピラセタムコリンと一緒に取ると効果が高まります。併用をおススメします


2016年2月24日追記
コリンとともにパントテン酸を取ると更に効果があることがわかりました。

パントテン酸

関連記事>>「記憶力は歳をとるほど強くなる!?」





クリルオイルに、更に8種類のビタミンを含有したお買い得なのはこちら
南極クリルビタミン
返金保証付き



この「南極クリルビタミン」には吸収率が高いDHA・EPAを含む「クリルオイル」にビタミンA、B1、B2、B6、B12、C、D、Eの8種のビタミンも配合しており、1日当たりに必要な栄養素を100%以上含有しています。
しかも返金保証がついていますので、試してみて効果が無くてもリスクゼロです。






■定番のDHA・EPA※おすすめ※■

定番のDHA・EPA※おすすめ※

【クリルオイル流(KRiLL OiL RYU)】

青魚のDHA・EPAよりも吸収率が高い今話題のクリルオイルです。




【クリルオイル流(KRiLL OiL RYU)】

成分
クリルエキス、卵黄油(DHA含有)、EPA含有精製魚油、カキエキスパウダー、植物油脂、スクワレン、ゼラチン、グリセリン、乳化剤、カロテノイド色素、カラメル色素、酸化防止剤(ビタミンE)

2粒(0.92g)あたり:
栄養成分表示
エネルギー 5.667kcal
たんぱく質 0.284g
脂質 0.449g
炭水化物 0.121g
ナトリウム 1.932mg

クリルエキスとして 120mg
DHAとして 25mg
EPAとして 45mg
リン脂質として 80mg
カキエキスパウダーとして 100mg
スクワレンとして 30mg
アスタキサンチンとして 500μg


血液サラサラ成分に、頭が良くなる実験結果もでました。詳細は記事「【DHA・EPA】の吸収率が劇的に高まる最新情報‐頭が良くなるサプリ」をお読み下さい。

>>頭が良くなり、さらに健康的にもGOOD!な【クリルオイル流(KRiLL OiL RYU)】の詳細はこちら


アークティクピュア オメガ3 フィッシュオイル



≪最高、最強のフィッシュオイル!≫

サプリ先進国のアメリカで有名なソースナチュラルズ社から誕生の《世界最高純度》のアークティックピュアオメガ3フィッシュオイル(ArcticPure Omega-3 1125 Fish Oil)です。一つのソフトジェルに1125mgのピュアなオメガ3脂肪酸を含有。

フィッシュオイルとは、米国で人気急上昇のサプリでフィッシュオイル(魚油)に含まれるEHA(ドキサヘキサエン酸)とEPA(エイコサペンタエン酸)は、いわし、サバなどの青魚の脂肪に多く含まれる成分で人の体内では作りだすことの出来ない「必須脂肪酸」であるオメガ3脂肪酸です。

オメガ3脂肪酸は、炎症反応、心臓、間接、免疫系や脳に健康的に働きかけます。オメガ3脂肪酸は、血液を凝固させにくくさせる作用により血液の流れを改善、血液の粘度をさげて脳内血管の血栓を防ぐため、脳内血流のスムーズな循環により動脈硬化など生活習慣病のリスク軽減、加齢、過労にともなう視力の低下、また高齢者の認知症予防にも効果があるとされています。

このソースナチュラルズ社のアークティクピュアオメガ3フィッシュオイルはCRN(米国栄養評議会)の研究論文に述べられている高い標準規格を超えており、最新技術を用いて製造されています。

オイルが純度基準に適合するように、分子蒸留処理と有機濾過処理を経ることによりPCB(ポリ塩化ビフェニル)、水銀、鉛などの金属や、ダイオキシンなどを取り除き、オイルをさらに純化。
蒸留によりオメガ3脂肪酸の構成分子を濃縮し、フリーラジカル酸化化防物を除去。
これまでフィッシュオイル製品は後味が「魚臭い」と言われてましたが、臭いやその他の微笑は不純物は最新の処理技術により解消されました。




■『習慣化』を促進し、モチベーションを高め維持するには■

モチベーションを高めたり、学習の『習慣化』に必要な“ドーパミン”を生成するために!

>>詳しくはこのページを御覧ください<<


勉強をしていると、どうしてもモチベーションが続かなかったり、習慣化が難しかったりと色々な悩みがあるかと思います。


その悩みを解消するためのサプリメントが『チロシン』です!

最強セット(ピラセタム&コリン&パントテン酸)との併用をお勧めします!






>>“Swanson L-チロシン”の購入はこちらから<<





■ブレインライトニングと同じような効果を期待するセット■
ブレインライトニングは製造中止になりました。

ブレイン・ライトニングに変わるサプリはこれ!
ハイアーマインド


ブレインライトニングが生産中止になりました。成分がほとんど同じなのがこの“ハイアーマインド”です。

ハイアーマインドは、記憶力や認知力をサポートして、脳のアンチエイジングを高めるサプリメントです。

ハイアーマインドは、神経細胞膜の重要な要素であるリン脂質のホスファチジルセリンが神経伝達物質の生産、細胞膜の安定性、エネルギー生産、酸化防止、および髄鞘生成等、脳の健康に必要な相互依存関係にある体内システムに適切に働きかけます。

ホスファチジルセリンをはじめ、脳の血行に働きかけるハーブ、神経伝達をサポートする有効成分、細胞活性化に働きかける各種ビタミンを配合しています。

脳の活性化に非常に有効性があるとされる、ホスファチジルセリンが働きかけ、記憶力、認知力の向上と、維持、脳の老化を防止します。


>>ハイアーマインドの詳細・注文はこちら<<


記憶力や学習力に大きく関係する成分アセチルコリンの材料



コリンはビタミンB群の仲間で、記憶力や学習力に大きく関係する成分アセチルコリンの材料になります。
さらに肝機能の向上もサポートします。主成分のコリンは、ビタミンB群の仲間です。
コレステロールや脂肪が体の中でどんどん使われるように働きかけて、内臓に余分なものをためこまないようサポーするため、肥満や脂肪肝、高脂血症などの生活習慣対策に効果的です。
また近年は、脳や神経の栄養として知られているアセチルコリンの材料となることから、記憶力やストレスなど内面の健康サポートにも注目されています。同時にビタミンB5を摂取するとより効果的です。



ピラセタムコリンと一緒に取ると効果が高まります。併用をおススメします


2016年2月24日追記
コリンとともにパントテン酸を取ると更に効果があることがわかりました。

パントテン酸

関連記事>>「記憶力は歳をとるほど強くなる!?」






■コスト面で低めの強力セット■

「ブレインスピードメモリー」

ブレインスピードメモリーの詳細はこちらです

>>[Natrol]ブレインスピードメモリー(BrainSpeedMemory)



記憶力や学習力に大きく関係する成分アセチルコリンの材料



コリンはビタミンB群の仲間で、記憶力や学習力に大きく関係する成分アセチルコリンの材料になります。
さらに肝機能の向上もサポートします。主成分のコリンは、ビタミンB群の仲間です。
コレステロールや脂肪が体の中でどんどん使われるように働きかけて、内臓に余分なものをためこまないようサポーするため、肥満や脂肪肝、高脂血症などの生活習慣対策に効果的です。
また近年は、脳や神経の栄養として知られているアセチルコリンの材料となることから、記憶力やストレスなど内面の健康サポートにも注目されています。同時にビタミンB5を摂取するとより効果的です。



ピラセタムコリンと一緒に取ると効果が高まります。併用をおススメします


2016年2月24日追記
コリンとともにパントテン酸を取ると更に効果があることがわかりました。

パントテン酸

関連記事>>「記憶力は歳をとるほど強くなる!?」






■あると便利-ピルカッター■

海外のサプリは大きいです。ピルカッターがあると便利です!-ピルカッター


これ25mmまで切れる最強のピルカッターです。私も早速注文しました。

ウルトラピルカッター(APEX Ultra Pill Splitter)

>>ウルトラピルカッター(APEX Ultra Pill Splitter)注文はこちら

ケース付きはこちら。



ケース付きピルカッターはこちら。

 








頭が良くなるサプリを飲むとどうなるのか?


まず集中力が増します。これは実際に飲んでいただけばわかると思います。
また、暗記をしていたときに時間を計ってミニテストをしてみると、飲む以前よりも記憶力が増加したなという実感をがてました。

まあ、その恩恵を受けて私は1年間で資格試験を6つ取得することができたのですから、効果のほどは、私自身の中では証明済みです。

では、なぜ頭が良くなるサプリを飲むと記憶力が良くなったり、集中力が高まるのか?
ということですが、

例えるなら、
筋トレだけしてても筋肉はつかない。
ちゃんとタンパク質を摂らなければ筋肉はつかないですよ?

それと似ています。
もしあなたが、
記憶力をつけたい、思考力をつけたい、頭が良くなりたい
というのであれば、脳がきちんと働くように調整すればいいんです。

脳の働きを調整することの1つに、
筋トレしたらプロテインを摂取するように、
勉強するなら、脳の働きを良くするための栄養分を取ればいい。

そんな単純なことなんです。

実際に私は効果を実感しましたから。
でなければ、アラフィフの無資格おやじが1年間で6つも資格試験を突破することなんて無理だったでしょう。



頭が良くなるサプリに寄せられる3つの疑問


私が「頭が良くなるサプリ」で良くされる質問は次の3つです。
1.「本当に効くのか?」
2.「なぜ効くのか?」
3.「副作用はないのか?」


この3つの疑問の答えたいと思います。

1.頭が良くなるサプリは「本当に効くのか」という疑問
この質問の答えは「私が1年間で6つの資格試験に合格することが出来た」という事実が、その答えになるかと思います。もちろん信じるか信じないかあなたの自由です。
ですが、私は40歳代後半の年齢ながら6つの資格試験に合格することができたのです。


2.頭が良くなるサプリは「なぜ効くのか?」という疑問
体の機能を正常に働かせるためには、そのために栄養素が必要です。
例えば、

筋トレも同じですね。筋トレしても体を作るための栄養素を取り入れなければ筋肉はつかないわけです。

それと同じように、脳の機能を正常に働かせるためには「脳を正常に働かせるための栄養素」を摂ることが絶対条件です。

では「脳を正常に働かせるための栄養素」とは何か?
その答えがこのページで紹介している栄養素です。

では、脳の働きを高める栄養素って何だ?ってことになりますが、
記憶力の形成や強化にはアセチルコリンだと言われています。
これは疑似科学や都市伝説ではありません。
アセチルコリンは1914年にヘンリー.H.デールというイギリスの脳科学者が発見した、神経伝達物質です。
デール博士らは、これらの業績で1936年にノーベル生理学賞・医学賞を受賞しています。

ですから、ちゃんと科学的に裏付けされたことなのです。

またこのサイトでおススメしている「ピラセタム」について

ピラセタムは、脳内神経伝達物質の一つであるアセチルコリンの濃度を上げる作用をもち、コリン作動性ニューロンの活動を高めます。これによって視聴覚から得られる情報が鮮明化し、普段なら気付かないような細かいことにもよく気付いたり、集中力が増して思考がまとまりやすくなります。

このように脳の働きを良くするためには、そのための栄養素やサプリメントを飲めばいいだけなのに、
ほとんどの方が、脳の働きを良くするための栄養素を取っていないのです。

いくつかの種類があるのは、価格や経口なのか音声なのか種類があるためです。
もちろんそれぞれ私自身が、実際に服用し試したもので効果があったものだけを紹介しています。

3.「副作用はないのか」
これに関しては個人差はあるかと思います。なぜかと言うと、ものを摂取して消化するまでの過程はDNAなどの要素が作用するからです。ただ、今の所ここで紹介しているサプリメントに関しては私自身副作用を感じていませんし、気になる副作用は報告されていません。
もちろん命に関わるような副作用に関しては報告があればこのサイトでも紹介します。



ピラセタムの歴史・効果・作用について

頭が良くなるサプリの一番人気である「ピラセタム」について、その歴史と効果や作用いついてまとめました。

wikiから抜粋。

歴史
ピラセタムは1964年にベルギーの製薬会社UCBのCorneliu E. Giurgea博士によって初めて合成された。
この薬は最初のいわゆるヌートロピクス(スマートドラッグあるいは認知改善薬)と呼ばれる。
つまりその称するところによれば、精神機能をいっそう強化する物質という意味である。
ヌートロピクという言葉はGiurgea博士によって初めて作られた。
ヌートロピルは1970年初頭にUCBが臨床分野に参入して以来、ヨーロッパにおける重要な製品となっている。

効果
ピラセタムは脳機能調整薬で認知機能を強化し老化を防ぐと言われている。

ピラセタムに関する論文についてのいくつかのメタレビューでピラセタムは、失読症児童の、認知に関する作業課題の成績を向上させることを示唆している。これは大脳左右半球の情報の伝わり方が改善され認知機能全般が向上したことを表す。ピラセタムは低酸素症や大量の飲酒など、様々な原因による脳の損傷を防ぐようである。

ピラセタムは大規模な数の臨床実験で使われており、脳梗塞後の失語症や、てんかん、脳・心臓の術後に伴う認知機能の減退、痴呆、ミオクローヌスによい結果をもたらした。

研究者の中には、ピラセタムがどう作用しているかを理解することは、大脳の左右半球の情報伝達の役割の解明につながると考えているものもいる。

作用
ピラセタムは脳梁を介した大脳の左右半球の情報の移動を促進し、記憶の処理に関係があるとされるムスカリン性アセチルコリン受容体における、神経伝達物質アセチルコリンの機能を向上させている可能性がある。
さらに、ピラセタムは記憶と学習に関係するNMDAグルタミン酸受容体に対する効果も持っているという。
ピラセタムは細胞の膜流動性を向上させると考えられている。
ピラセタムはイオンチャンネル(Ca2+, K+)の調節による脳の神経伝達に広範囲に影響を及ぼしている可能性がある。


wikiからの抜粋まとめはここまで。

アメリカでは栄養補助食品としてピラセタムは売られているそうです。



効果的な飲み方はこのサイトに書いてありますので参考にしていただくとして、どうやって頭が良くなるサプリを購入するのか?

頭が良くなるサプリはオオサカ堂というところから購入できます。
こんなところか買って大丈夫なのか?って思いますよね。

私は思いっきり怪しいじゃんって思いましたから。
でも大丈夫です。
何回も使ってますが、ちゃんと商品送られてきます。

人間なんでも初めてのことは慎重になります。
当たり前のことです。

ですので、もしあなたがそういう思いであれば、当たり前の感情ですし、ちゃんと購入できますので安心してください。

購入の仕方は次の「頭が良くなるサプリ一覧の後に」写真付きで説明しています。







オオサカ堂での購入のしかた


購入のしかた   頭が良くなるサプリメント









自由な人生を手に入れる教科書

自由な人生を手に入れる教科書