ブレイン・ライトニングの成分について1「フーパージンA」


ブレイン・ライトニングの気になる成分について調べました。

まずは「フーパージンA」です。

貴重な成分と書かれていますから気になりますよね!

「フーパージンA」は中国のコケから抽出される物質で、神経伝達物質のアセチルコリンの分解を阻害する作用があるのだそうです。

「アセチルコリン」の分解を阻害する???

アセチルコリンとは、脳内で神経細胞から神経細胞へと情報を伝える神経伝達物質の一種だそうです。副交感神経や運動神経で刺激を伝達して、血管拡張、心拍数低下、消化機能亢進、発汗などを促す作用があり、学習、記憶、睡眠、目覚めなどにも関係しているようです。アセチルコリンの不足は認知障害などの症状を起こすと言われていて、実際にアルツハイマー病の人の脳内ではアセチルコリンの不足が確認されているそうです。

なるほど、「アセチルコリン」とは神経伝達物質のことなんですね。


また、フーパージンAはwikiによると

「アメリカ合衆国では、記憶支援のための栄養補助食品(サプリメント)として販売されている。これを含む植物は、中国において古くから腫れ、発熱、血液疾患の治療に用いられてきた。中国における臨床試験において、本化合物がアルツハイマー病の治療に効果があることが示されている他、健康な若い学生を対象とした試験で、一回の学習において記憶力を増強させることが明らかにされている」

とあります。

要は脳の情報を伝える神経伝達物質のアセチルコリンの働きを助け、脳の働きを活発にする作用があるということでしょう。


これは期待できそうです!


「ブレイン・ライトニング」







これからも、「ブレイン・ライトニング」の効果や副作用、口コミなどの感想などを体験談として載せていきます。お楽しみにしてくださいね!



>>ブレイン・ライトニングの詳細・注文はこちら<<

今日は10月に受験する予定の年金アドバイザー3級の勉強をしていました。ころころ改正されるので覚えるのが大変です(苦笑)。

ブレイン・ライトニングが来るのが待ち遠しいです!